2017年 03月 25日

non title.....

昭恵氏は学校法人「森友学園」への国有地売却問題で関与が取り沙汰されていることに触れ、「多くの方に騒がれることになってしまい、自分の甘さがあったのかなと反省している」と語った。昭恵氏は自身について、「本当に私は普通の主婦、普通の女性だ」と強調。「主人と私と、一生懸命この国のために働いていることをぜひご理解いただければ」と訴えた......時事通信

う~ん、このカアちゃんかなり馬鹿者ですね。すでに安倍ちゃん自体の関与がなかった時点でこの件は詰みなんですけどね。それにしても問題が取り沙汰されても向こう側とメールのやり取り。李下に冠を正さず....そういうことが解からない馬鹿ということが露見しましたね。散々好き勝手やっておいて何かあると「私は普通の主婦だ.....」とか「こんなに頑張っているのに....」と一転、被害妄想にはしるのはオバさんの常套手段である。私人か公人か?でいえば旦那が公人であるなら妻は私人であるとは普通ならないだろう。それも解からないというくらい馬鹿だということ。でも地方の市議会議員クラスでもこういった類の馬鹿は普通にいる。税金という禄を食んでいるという自覚も無しに。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-03-25 05:42 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 16日

golf.....

e0241482_05523765.jpg

靴は全体から見て大きく見せた方が良い場合とそうでない場合がある。とは言え、あくまでそれは自分自身しか気にしてはいない事だけど....。ウエストンのゴルフは特に小さく見える典型的靴である。ウエストン社のフィッティング基準というかサイズ表記は独特であり他社との比較はまったくあてにならない。更にこのゴルフのように所謂捨て寸を取らないではく靴は尚更サイズ選択は難しくなる。実際にゴルフをジャストサイズで履いた人の多くは「何だか足小さく見えね?」となるだろう。そうなんです、このゴルフは裾幅の広いパンツは合わないんですね。さらに甲にかかる様なレングスもNG。つまり細身でレングス短めのパンツでなければ合わないと言う事になる。このてのUチップ系を太いパンツで履きたい...となればパラのシャンボーを履くべきである。まぁ、ゴルフとシャンボーでは似て非なる靴、階級が違う(笑)その分シャンボーはゴルフよか粗野な格好にあうと思うが....。
洋服もそうだけど何にでもあう...というモノって以外とないのかもしれない?

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-03-16 15:41 | 着る物のコト | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 04日

alone......


近頃BSで「傷だらけの天使」放送している、当然見ている。これを超えるドラマなんて存在しない...と言い切っちゃう位この作品は秀逸だと思う。「傷天」リアル放送の時は自身小学生、放送時間&放送内容からして餓鬼が観る番組ではなかった。したがって詳しく観たのは夕方の時間帯に再放送されてからだった。その日暮しのチンピラが織りなす悲しくも切ない、そう刹那的内容。
流行病で亡くなった弟分「明」の亡骸を「夢の島」にリヤカーで運んで捨ててくる最後のシーンで流れるこの曲。伝説のバンド、元ゴールデンカップスのデイブ平尾が唄う「一人」。今なら...と言うか当時でも死体遺棄だがホント最後のシーンは何度観ても切なくなるよ。しつこいけど断言する「傷天」超えるドラマなど存在しないと....。
※綾部情報社のホーンユキ、好きです(笑)

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-03-04 16:22 | 音楽のコト | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 28日

So What.....


NHK BSで放送されたマイルスの自伝を観た。きちんと音楽学校に行かせてもらえる位の裕福な歯科医の子弟として産まれたマイルス。C・パーカーとD・ガレスピーのビパップスタイルに憧れるものの彼の体格(身長167cm位しかなかったらしい)というか力量ではビパップ的高音域速弾きには不向きだった。悩んだ挙句彼が考えたのは違うスタイルの構築だった。僕はビパップというかアルトやトランペットに関していえばD・ガレスピーやC・パーカーにかなう人はそう知らない。特にアルト吹きでパーカーにかなう人なんていないと断言したい。それ位チャーリーは不世出であり後に出てきたアルト吹きは皆フォロワーでしかないと思う。
しかし別のスタイルを模索したマイルスは決して逃げなんかではない。大体、ペットが上手くともガレスピーにコンポーズする能力なんてそうないと思うしね。ビパップの終焉そしてその後のハードバップ、クール、モードと時代が呼ぶんだよ、マイルスの様な人をさ......トレーンだって駆け出しは???と思われていたくらいそのスタイルは異端だったから。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-02-28 10:45 | 音楽のコト | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 25日

non title.....

e0241482_11531464.jpg
ベージュコーデュロイのテーラードにタッターソールシャツ、それにツイードベストの組合せ(ボトムはジーンズでした)非常にコンサバティヴな服装である、お洒落といっても良い。最初「J Crew」のモデルか何かか?と思っていたら....この人物の名は「リチャードBスペンサー」....トランプ政権になって一躍注目を浴びる男である。ALT-Right(オルタナティヴ・ライト)の旗手。つまり他の右翼とは別選択の....という括りになる思想の提唱者である。右傾といっても幅が広く例えばLGBTQ、同性婚、人種差別等に関しては賛否はそれぞれである。この「AR」は人種差別(本人達はそうは主張していないが)以外は寛容というか適当な感じがしないでもない。いうなれば彼らの主義は長らく続いたオバマ民主党政権へのアンチテーゼ、或いはカウンターと言ってよいだろう。
「ポリティカル コレクトネス」誰が言ったか「綺麗事」。リベラル系の言う事はいつも美しく理想的、しかし現実味がない。「AR」らが言うには支配階級(と思っている)である白人がモノ申せばそれすなわち差別。言いたい事も言えない世の中は白人に対する「逆差別」であると彼らは説く。確かに「メリークリスマス」と言えず(異教徒もいるから)「ハッピーホリデイ」っていうのも違和感がある。そういうのって度が過ぎれば「言葉狩り」となって「言論の自由」が奪われる事に繋がる。じゃどこまでが差別に抵触せずして言論の自由を満たせるのであろうか?難しい問題だね。
右左どちらにせよ世の中って必ず寄り戻しがくる....そうあたかも「振り子」の様に。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-02-25 12:23 | Trackback | Comments(0)