fewer than 100....

hemings.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 12日

fevorite ........


基本邦楽は聞きません、元ネタ分かってしまい興ざめするから(笑)しかし....以前地元の飲み屋に行った時(というかその飲み屋はそれこそ「ROCK」にかけてはハンパない膨大な量の”レコード”を持ち客に聴かせてくれる)そこのマスターとウルフルズや奥田民雄あたりに話が及んだ。彼らに関しては何故かパクりとは思えず寛容な気持ちになる旨を言えば「良質なパクりはアリだね!」と。言い得て妙である....オマージュ、リスペクト、サンプリングと何でもいいのだけど最も許せないのは成りすましである。オリジナルを知らぬ者(世代)にあたかも「手前がオリジナル顔」して発表するのが我慢ならないのだ。では良質か否かの差はどこなのか?を言えば....もはや出尽くした感がある昨今において一番求められるのは「センス」の一言。もっと言えば「「チョイス」そして「ミクスチャー」に「センス」が有るか無いかといえる。
ところでこのバンド、このあいだ「NHKカバーズ」で知ったのだけどナカナカ良い....と思ったら評価高いのだね、なるほど。
サイケやグラム、そしてブルースフィーリングのセンスがある。ボーカル女史のスレスレなルックスとツンデレ感そしてスモーキートーンなヴォイス、いいんじゃないの。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-12-12 12:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 07日

non title.....

大韓民国の臨時政府、対日本宣戦布告76周年記念式
......中央日報

歴史は比較的好きですがまだまだ知識が足りないな~と反省することもしばしば。
「大韓民国の臨時政府、対日本宣戦布告76周年」これもこのソース見て初めて知った次第である。
思い当たるのでいえば....大韓民国の臨時政府ってもしかしたら上海にいた一部集団の事か?アレってどこの国からも承認されてはいなかった。だって臨時政府って元々国家がありそれが他国に蹂躙された時、亡命先で樹立するもの。まずそもそもが朝鮮という「国」は当時存在していない。正確に言えば単なる清の一自治区にすぎなかった(今でいうと中国とウイグルやチベットとの関係と言えばいいだろう)。それを日本が日清戦争の戦利品として頂いただけであり従って国がないのに臨時政府宣言もないのである。だから戦後の「国家賠償」も当時存在しない国から請求されても賠償のしようがないのである。

悲しいかな輝かしい独立した歴史がない朝鮮。未来は創れるが過去は消せない...そういう意味では歴史を捏造してまで国威高揚せねばならぬ国、気の毒である....。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-12-07 18:18 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 22日

forever young.....

e0241482_16464729.jpg
ハーダニング?って何の事......シルクラインやシルクのファールドリーダーをコーティングする意味らしいけど....。
編み上げたそのままではただのクタクタの柔らかい絹糸なのでそれを「ハード」にするから?という意味なのか?。
あのさ、欧米人が言わない言葉を日本独自に捏造するのは如何なモノかと思うよ。ペゾン竿の「ワン&ハーフ」もそうであり最初に誰が言い出したのか?欧米のどこのサイトみても「スタッガード」としか書いてない。

シルクラインがある程度広まり始めたのもたかだか20年くらいなもの。旧いwebを見ているとほとんど「都市伝説」状態の書き込みで大いに笑える。やれ「シルクラインは少々の傷なら自力で回復する」とか「経年で飴色になっていく」あるいは「ミューシリンが浸み込んで柔らかくなる」等がそれである。
ついた傷が自力で回復する訳無いでしょうよ(笑)飴色の正体は基本汚れですよ汚れ(或いは亜麻仁油の変色)柔らかくなるのは亜麻仁油の被膜が薄くなるからですよ。現にシルクライン先端は傷みやすく定期的にチェックすると被膜が剥がれていたりする。そのまま使い続けるといつか「ブッツリ」の憂き目に(旧い登山用ザイルも麻縄に亜麻仁油を浸み込ませていたのでキンクすると「ブッツリ」だったそうな....)。
これって20年間シルクラインのみ使ってきたから分かった事。ミューシリンだって塗れば「浮き」が良くなるか?といえばラインが新しく被膜がしっかりしている時は大して変わらない。むしろ塗り過ぎればガイドの滑りが悪くなるだけ。シルクラインの被膜は硬くても駄目だけど柔らかくなり過ぎても「コシ」が無くなって駄目、程度の問題。そもそも「インターミディエㇳ」なラインなので大して浮かない。先端は濡れてゆけばそれだけ沈み易くもなる。だからラインハンドリングを用いなるべく水につけない様操作するのが肝心である。
高級革靴もそうだけどモノの「お手入れ」をしない(出来ない)人はシルクラインなど使うべきではない。「一生モノ」なんて嘘、手入れ次第ではむしろビニールラインよりか寿命は短いんじゃないの?
これらメンテに掛かる手間を愉しみと捉えるか面倒臭いと捉えるか?でしかないです。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-11-22 17:33 | 釣りのコト | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 18日

T/C.....

e0241482_15271491.jpg
「T/C」.....「テトロン/コットン」の事だが素材表示の際、テトロンとは書かず「ポリエステル」と表記する事が多い。それもそのはず「テトロン」は東レの商標であり広義ではポリエステルだからだ。
この「T/C」だが強靭な素材ゆえ主にパンツ、それもワークパンツに使われる事が多い。T65対C35...と化繊が勝っているので素材が毛羽立ちずらくて良い(経年変化しずらい、つまり味が出ないから嫌いだとする意見もあるが....)。そんな素材を用いたパンツのなかでも特にこのヘザーグレイ系が特に”らしくて”好きだ。
僕はこのヘザーグレーのパンツは相当気に入っておりフラノパンツなんかの代替と見立てて穿いている。だからというか元来作業ズボン素材なので”そう見えない様”キチンとプレスして穿きたい。



[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-11-18 15:25 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 17日

non title.....

e0241482_09573489.jpg
所謂、「李承晩ライン」というやつである。結局「竹島」はこれによって占拠され厚かましくも今に至るのである。もし九州が盗られていたら今頃どうなっていたか?防衛に関して寝ぼけた事言っている輩は特に考えるべき事。

戦後、自らを戦勝国の一員だとし「朝鮮進駐軍」を名乗った朝鮮人。国内において横暴極まりない「朝鮮進駐軍」の態度に敗戦国民の日本人はなす術なし。しかしながら敗戦国日本を統治していたのは米国。実際この様な朝鮮人の領土拡張の野望など米国が許すはずもない。しかしながら実際に領土拡張すべく軍装を南下させていたときを見計らい「北」の南下進攻が始まった訳である。軍装と兵力数に優る北にまったく歯が立たない南はあろう事か前線各地において敵前逃亡という情けなさ。米軍にしたら共産主義化のドミノ倒しを防ぐ....所謂、防共の為とはいえ当事者らが戦闘放棄するなど理不尽極まりない戦いである。その後中華も参戦し押さば返すの攻防を繰り返した末、停戦、現在に至る.....と簡単に時系列で朝鮮情勢を振り返るとこうなる。
その後朝鮮民族の考え方その気質だが今だ何も変わっていないと思われる。「事大主義」宜しく強い者にはすぐなびくが、逆に相手が弱いと見ればとことん追い込む。過去常に大国に睨まれてきた事を考えれば民族的日和見主義なのは仕方ないが常に流動的思考。そこいらを踏まえて付き合わないと騙されたとなるのである。これまでの度重なる反故から隣国との付き合いやめた方がよいとする意見が出るのも道理である。

本来は統一に関しては同じ民族同士ゆえ2国間で解決すべき事。にも拘らず何故か常に他人事、どうしようもないね。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-11-17 10:36 | Trackback | Comments(0)