fewer than 100....

hemings.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 17日

see you .....

e0241482_14580558.png
ここ何日かで気温がぐっと下がりドライフライに対する魚の反応がぐっと悪くなった。それはドライフライ・ピュアリストである自分のシーズンオフを意味する。「沈めればまだイケる?」.....そのとおり、けどやらない。他の否定ではないけれど本人がやって面白くもない釣り方をする気も無いのでそれでいいのだ。今年はシーズンインから休みの日はほぼ全て釣りに行けたし更に釣果にも恵まれたので尚良し。
外遊び全般に言える事だが天候という極めて不安定要因に左右されるので行けるときには行くべきである。
「The Beatles」が「Life is very short」と唄ったが年老いて歩けなくなるまで後何回釣りに行けるか?と勘定すればそんなに多くは行けまい。だからこそこれからの釣りは毎回丁寧に大事にするべきだと考えるのである。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-10-17 15:24 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 13日

Hip......

e0241482_18505977.png
「patagonia」誰もが知るアウトドアブランドの雄。「パタラー」なる愛好家も多いがアンチも少なくない。私も一時は完全に「パタラー」化してました(笑)今となってはたまにパタを購入する際はファッションとしてより本来の?目的、つまり機能重視で選んでます。でもかつてパタ信者だったせいもあり他が「パタ」に批判的な意見を発するとつい擁護してしまう。その擁護する際、相手に対しては「山登り、波乗りそして釣りと網羅しているブランドなど他にあるか?」と訳の分からない根拠を展開する事にしている(実際にそうだしね)。
そう言えばかつて「BIG WEDNESDAY」というサーファー映画でサーフボードショップのオーナーが「サーファーを従業員として雇ったらいい波が立つと仕事にならない...」とボヤくシーンがあった。
そう「山登り、波乗りそして釣り」は気候条件に左右される遊びなのだ。いい時は仕事なんてしていられない「パタ」の創立者達はそもそもヒッピー、クライミング用ハーケン作る鍛冶屋からスタートだったのだよ。
........という前フリは元「WINSTON」グレン達に向かう。社を辞するに至った原因の竹竿部門のコスト見直し等は企業として致し方ない事かもしれない。しかし会社側のグレンら竹竿部門に対するその他の不満に「ハッチがあると休暇を取ってしまう」が有ったらしい。これには笑ってしまった、仕方ないよね~釣り人として分かるな!製品のフィールドテストって事じゃないの(笑)実際一日の仕事終わりには酒飲んでたみたいだし。でもなんていうかそう言うのってユルくていいよね、実際グレンはシスコ出のオールドヒッピーだし。なかなか出来ないよねそんな生き方、格好いいよ凄く!
コストかなんか知らないけど中国なんかで作った竿など使いたくない。差別とかでなくって背景、それが無いものなんて使う気になれないのだよ。特に竹竿に関しては余計に.....


[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-10-13 18:50 | 釣りのコト | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 12日

under 200......

e0241482_11412185.jpg
昨年とは違い特に大きな台風及び長雨もなかったのでここいらの外遊びな御仁は良き年だったのではないか?と。
自身「釣り」が他愉しみ事の中でも優先事項である事は否定しない。でも同じ位「VESPA」に乗る事も愉しみの上位になっている。休日、比較的早く釣りに行き昼過ぎに返ってきてから1時間少々「VESPA」に乗る。このパターンが実に有意義、至福を感じる時である。
「FLYFISHING」と「VESPA」、ちょっと似ている処がある。それは初めて手元にソレらが来たとしてもすぐには使えない処だ。「ベスパ」のハンドチェンジのコツ、エンブレ利かせられないので減速の感覚等.....年季が必要となる。「スクーター」という形状からか「VESPA」を知らぬ者はイージーな乗り物としか思っていない事だろう。ところがドッコイ乗ってみると....である。だから200cc以下の「スクーター」であっても乗る人を魅了するのだな...と思うのである。かつて若かりし頃、僕は2度ほど単車で事故っている。病院送りになる程でもなかったのだが単車にはすまない事をした。だからこの鉄で出来た美しい車体にキズは付けたくない。ゆえに臆病な程注意し運転したいと思うのである。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-10-12 11:40 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 11日

hollow VS solid.....

e0241482_08463521.jpg
久々に「R.W.Summers 275」(画像上)を釣行に持ち出した。似た様な番手の竿が他少々所有しているのでただ単純に出番が無かっただけの話。勿論、良き竿でとても気に入っているが竿に関して一言。
かつて同ビルダーの「ミッジ」を所有していたが使いでがなくなり手放した。所謂全体が曲がる「パラボリック」的竿だった。しかしこの「275」はちょっとソレとは違いバットが少し残る感じ、たぶん誰が振っても振り易い竿だろう?評価が高いのも頷ける。そして大物掛けた時も結構頼もしい(#4なのに....)竿だ。
ちなみに画像下側は「Sweetgrass rod 7'9" #4/5」である。実は今一番気に入っているのはこの竿。「ウィンストン」の頃からアクション評価はあまり聞かなかったが投げやすさ抜群の竿。ややトップヘヴィー気味ではある(ペゾンほどではない)が振り易い。たぶんバットが中空でティップがソリッドなのが大いに関係していると思う。しかしそれが関係するのか大物掛けた際、バットが些か弱い感じがする。他の中空竿を使った事ないので何とも言えぬが中空竿はそういうモノなのだろうか?
これら竹竿、たかが釣り道具としては決して安い金額ではない。だから使えない(自分に合わない)なら結構辛いものがある。外観、コスメが良くったってアクションが気に入らない竿なんていずれ手放すと思う。やはりそこは竹竿といえど所詮道具だからである。

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-10-11 08:44 | 釣りのコト | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 10日

last season.....

e0241482_05324970.jpg
10月に入り釣行的にはかなり寒くなってきた。先週が爆釣だっただけに今週はソレを超える筈もないだろうと....案の定の結果だった。とはいえこの魚、40は超えてます(笑)この魚、流れが極めて遅いいつものプールで釣ったもの(先週の53もそのプールで獲った)。フライもデカいし糸も太いいつもの仕立である。今年は釣りにいけば必ず40越えサイズは釣れたので良い年だったと言える。贅沢な話だが40くらいの魚をいつも掛けてるとファイト中に魚のサイズに気づき緊張感がなくなってくる。これは酒も薬も(やったことなどないが...)脳が強い刺激を受けると更に強い刺激を求めるのに近いかもしれない。それだけ50超えの魚を釣る事は刺激が強くその魅力には抗えないものがある。それに関して一言......魚釣りの道具立てに関してはリリース前提ゆえ魚掛けた後、寄せに手間取り弱らせてしまう様では意味がない。さりとて絶対に獲れる道具立てで万全の備えをし.....では安心してしまい緊張感無く面白くない。如何様な道具立てを使おうと個人の勝手、他人に向かって意見などする気もない。けれど個人的見解はやはり道具立
に制限設けた方がより面白くなると言う事。

Rod:R.W.Summers 275 #4 leader: 4X fly:stimulater #10

[PR]

# by hendrickson-pink | 2017-10-10 06:01 | 釣りのコト | Trackback | Comments(0)